パシフィックシークラフト社

アメリカで最も格式高いビジネス誌「FORTUNE」は、アメリカンプロダクツ・ベストのひとつにパシフィックシークラフト社をあげています


フォーチュン誌は、ピアノに始まりジーンズメーカーなどベスト100社をリストアップし、その中でヨットのメーカーではパシフィックシークラフト社をあげています。

フォーチュン誌は、業界の中で最も優れた製品を作るとされる代表メーカーを決めるにあたり、各界の専門家やカスタマー、各協会の代表者、その他多くの知識人に意見を求め、最新の技術を持ち、かつ耐久性があり製品の価値に見合う価格を持つ事などを基準にして選定しています。

フォーチュン誌はこう述べています。
「パシフィックシークラフト社はカリフォルニアのフルトン市に工場を持ち、最新式の設備で世界級のヨットを建造している。最上級の材料と高度に洗練された生産工程と品質管理がすぐれた才能と熟練された技術者の手により建造されたパシフィックシークラフトのすべてのヨットはその結晶であり、しかも安全性が高く機能的で耐久性を持っている。事実上パシフィックシークラフト社のヨットはいつわりのない心からの賛美の的となっている。」

”The Finely Fitted Yacht(最もうまく造られたヨット)”
という本を書いた有名な作家のフレンケ・メイトはその最新作のなかで「クルージングヨットの代表はパシフィックシークラフト以外にない」と述べています。

”フリッカ”にはじまり”フリーロック44”までの1000をはるかに超える驚くべき数のパシフィックシークラフト社のヨットは自由と快適さを持って、あらゆる世界の海を航海し、外観は美しくその性能は最高で実に強靭です。

「品質と細部にいたるまでの心配りはパシフィックシークラフト社ならではの特長で、世界水準をはるかに凌ぎ、しかもその高品質は長年維持されている」とフォーチュン誌は書いています。
クルーザーへの投資という側面から考えても、それは夢の実現につながる事から、後悔のない決断をするためにパシフィックシークラフト社のヨットを研究する必要があります。